JavaScriptの設定方法

チキタビでは、複数のサービスでJavaScriptを利用しています。
一部のサービスでは、お使いのブラウザでJavaScriptの設定が無効になっていると、サービス内の機能が限定されたり、サービスそのものが利用できなかったりする場合があります。

以下の手順で、JavaScriptを有効に設定してからご利用くださるよう、お願いいたします。お使いのOSとブラウザに該当する項目をクリックしてご覧ください。

Windows
Internet Explorer 7
Internet Explorer 6
Firefox 2.0/1.5の設定方法
Macintosh
Safari 2.0
【Windows】Internet Explorer 7の設定方法
Internet Explorerのメニューバーで[ツール]をクリックします。
表示されるメニューから、[インターネットオプション]をクリックします。
[セキュリティ]をクリックします。
「インターネット」(地球マーク)が表示されているのを確認してから、[既定のレベル]ボタンを押します。 ボタンが押せない場合はすでに[既定のレベル]が選択されているので、手順5 に進みます。

また、以下の方法でも可能です。
(1) [レベルのカスタマイズ]ボタンを押して、「セキュリティの設定 - インターネットゾーン」を表示します。
(2) 「スクリプト」項目の[Javaアプレットのスクリプト][アクティブスクリプト][スクリプトによる貼り付け処理の許可]で、それぞれ[有効にする]を選びます。
(3) [OK]を押すと、[このゾーンの設定を変更しますか?]という警告が表示されるので、[はい]を押します。
[インターネットオプション]に戻るので、[OK]ボタンを押します。
【Windows】Internet Explorer 6の設定方法
Internet Explorerのメニューバーで[ツール]をクリックします。
表示されるメニューから、[インターネットオプション]をクリックします。
[セキュリティ]をクリックします。
「インターネット」(地球マーク)が表示されているのを確認してから、[既定のレベル]ボタンを押します。
ボタンが押せない場合はすでに[既定のレベル]が選択されているので、手順5に進みます。
また、以下の方法でも可能です。
(1) [レベルのカスタマイズ]ボタンを押して、「セキュリティの設定」を表示します。
(2) [スクリプト]項目の、[Javaアプレットのスクリプト]、[アクティブスクリプト]、[スクリプトによる貼り付け処理の許可]の項目で、それぞれ[有効にする]を選びます。 (3) [OK]を押すと、[このゾーンに設定されているセキュリティのレベルを変更しますか?]という警告が表示されるので、[はい]を押します。
[インターネットオプション]に戻るので、[OK]ボタンを押します。
【Windows】Firefox 2.0/1.5の設定方法
メニューバーの[ツール]をクリックし、表示されるメニューで[オプション]を選択します。
表示されるメニューから、[インターネットオプション]をクリックします。
[セキュリティ]をクリックします。
オプション画面が表示されるので、[コンテンツ]をクリックします。
[Javaを有効にする]、[JavaScriptを有効にする]にそれぞれチェックを入れて、[OK]ボタンを押します。
【Macintosh】Safari 2.0の設定方法
メニューの[Safari]をクリックし、[環境設定]を選択します。
[コンテンツ]をクリックします。
[Javaを有効にする]、および[JavaScriptを有効にする]にチェックを入れます。
[コンテンツ]ウインドウを閉じます。